エントランスラウンジ完成予想CG

エントランスラウンジ完成予想CG

四季に色づく庭園を愉しむエントランス。

the Farm Ricochethe Farm Ricoche

邸宅地に溶け込みながら、
桜並木に呼応する植栽計画。

エントランスには、ヤエザクラをシンボルツリーとしながら、立体的な奥行きを感じさせるよう高低様々な植栽をバランスよく配置。目の前の桜並木の借景とあいまって、四季の彩に満ちた庭園を所有するかのような贅沢をお愉しみいただけます。

  • ヤエザクラヤエザクラ

    ヤエザクラ

  • イロハモミジイロハモミジ

    イロハモミジ

  • シマトネリコシマトネリコ

    シマトネリコ

外観完成予想CG

外観完成予想CG

緑豊かな石神井公園を受け継ぐ。

2方向接道の開放的な立地を活かした配棟計画。

東側、北側が公道に面した敷地を最大限に活かし、開放性とプライバシーに配慮した配棟計画を採用。また、周辺には住環境が守られた第一種低層住居専用地域の邸宅地が広がり、より住まいの開放感が高まります。

敷地配置図敷地配置図

■武蔵野の面影を色濃く残す、
「ねりまの名木」。

練馬区には、樹齢900年のケヤキなどの古木が数多く残され、「ねりまの名木」として大切にされています。「ガーデンテラス大泉学園」の目の前にも、「ねりまの名木」に指定された桜並木があり、住民に親しまれています。

ねりまの名木・東大泉5丁目サクラ並木(徒歩1分/約10m)ねりまの名木・東大泉5丁目サクラ並木(徒歩1分/約10m)

ねりまの名木・東大泉5丁目サクラ並木(徒歩1分/約10m)

■駅徒歩5分でありながら、周囲を第一種低層住居専用地域に囲まれた邸宅街の一画。

「ガーデンテラス大泉学園」周辺は、都内駅徒歩5分圏内でありながら、第一種低層住宅専用地域に指定されたエリア。高層マンションなどの、視界や日照を遮る建築物は制限され、低層住宅の良好な住環境が守られています。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

静謐と華やぎがリンクする低層レジデンス。

設計コンセプトは、静かなる品格。

ファサードは、周辺の緑になじむよう明るめのアースカラーでまとめました。それでいて、外観フォルムはしっかりとした横の構えを強調し、
邸宅としての重厚感を漂わせています。また、横にガラス手すり、縦にオフホワイトのタイルを走らせ、
互いに交差させることにより、先進邸宅としてのモダンさを強調。歴史ある街並みに凛と屹立する姿はさながら「貴婦人」を思わせ、
この街の一邸となるにふさわしい静かなる品格、上質感を強調するデザインです。

天然石の質感と陰影を強調した
マテリアルを採用。

モダンな風合いのボーダータイルで外観を統一するとともに、エントランス廻りの内外壁には天然石のタイルを採用。陽の傾きとともに陰影が深く刻み込まれるような質感を建物全体に持たせました。バルコニーのガラス手すりには、半透明のタイプを採用。陽光と開放感にあふれる暮らしを満喫しながら、外からのプライバシー確保にも配慮しています。

image photoimage photo

image photo

※外観完成予想CGおよび敷地配置イラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。なお外壁形状の細部、設備機器等は表現しておりません。タイルや各種部材につきましては、実際の質感・色等の見え方が異なる場合があります。※樹種は計画段階のもので、変更となる場合があります。※掲載の距離・分数は現地からの地図上の概算距離・徒歩分数を示したものです。徒歩分数は1分を80mで算出し、端数は切り上げております。※掲載の写真は、2018年8月に撮影したものです。