ココジカ

サンウッドより、暮らしを豊かにするウェブマガジンをお届けします。

Produced by Sunwood

坂の多い街なのに、赤坂という坂はない

Vol.54 / 2016, 04

港区赤坂は、元赤坂1丁目、2丁目と赤坂1丁目から9丁目からなるエリアです。永田町や青山、六本木、虎ノ門と言った官庁街やオフィス街に隣接し、赤坂自体もアークヒルズや東京ミッドタウン、赤坂サカスと言ったランドマーク的なオフィスや商業施設を構えるエリアとなっています。住宅地としても、赤坂は港区の3Aのひとつに数えられ、青山、麻布に並ぶ高級住宅街が広がるエリアとなっています。これだけ揃うエリアの赤坂ですが、なぜか「赤坂と名の付く坂」は見当たりません。

SUNWOOD CLUB MAIL MAGAZINE Vol.54

なぜこの地が赤坂と呼ばれるようになったのか。

この地が赤坂と呼ばれるようになった由来は諸説あります。「このエリアには赤土の坂があった。」や「茜草が群生している坂が茜坂と呼ばれ、赤坂へと変化していった。」などの説があるようですが、正式にはわかっていません。残念ながら、昔から赤坂は無いのですが、アップダウンのある地形で坂はたくさんありそうです。
まずは、赤坂の名前の由来ともいわれる“茜坂”に近い「赤坂見附」駅からスタートして、赤坂の街を散策してみましょう。茜坂だけではなく赤坂ではどんな坂に出会えるか楽しみです。

「赤坂見附」駅の「B出入口」を出ると二股に歩道が分かれていますが、信号を渡らずに右側を進みます。首都高速4号新宿線が反対側の歩道の上に見えると思います。まずは、坂に行く前に準備運動として、ホテルニューオータニがある方へ横断歩道を渡りましょう。弁慶濠に架かる弁慶橋の緩やかな傾斜で箱根の山の神ならぬ坂の神の足を作って準備運動完了です。

弁慶橋
弁慶橋
弁慶濠
弁慶濠

準備万端になりましたら、渡ってきた横断歩道を戻り、首都高速を右手に進みます。
しばらく歩くと赤坂御用地の塀が見えてきますので塀のたもとまで歩きます。

紀伊国坂(きのくにざか)別名:茜坂(あかねざか)

紀伊国坂(きのくにざか)別名:茜坂(あかねざか)
迎賓館赤坂離宮の正門

赤坂御用地の塀のたもとに第1の坂「紀伊国坂」の標識が見えてきます。標識は薄くなっていますが、「坂の西側に江戸時代を通じて、紀州(和歌山県)徳川家の広大な屋敷があったことから呼ばれた。赤坂の起源とする説がある。」と記されています。この紀伊国坂の坂上には茜草が群生しており、紀伊国坂の別名で茜坂とも呼ばれていたそうです。それがいつしか赤坂に変化していったとされ、赤坂の起源とする説がここにあるようです。
紀伊国坂を上りきり、しばらく進むと迎賓館赤坂離宮の正門があります。

今年から事前申込は必要ですが通年で赤坂離宮の本館が一般公開されるようになりました。また、入場自由で赤坂離宮の前庭も公開されています。詳細につきましては、内閣府のホームページを参照ください。

迎賓館から来た道を紀伊国坂の下まで戻り、紀伊国坂の標識がある所を赤坂御用地に沿って右に曲がります。第2の坂である弾正坂方面に進んでいきます。しばらくすると押しボタン式の信号がありますので反対側に渡ります。その先で二股に分かれた坂道が見えてきます。左側が九郎九坂で右側が弾正坂になります。

国道を横断する弾正坂(だんじょうざか)

弾正坂上
弾正坂下

弾正坂は、坂下と坂上に標識があります。標識には、「西側に吉井藩松平氏の屋敷があり、代々弾正大弼(だいひつ)に任せられることが多かったために名づけられた。」と記されています。この坂の特徴は、国道246号(青山通り)を横断している坂で、国道246号と交差する左側に赤坂豊川稲荷(豊川稲荷東京別院)があります。赤坂豊川稲荷は、商売繁盛等の神様として有名ですので、みなさんもお参りしてみてください。また、信号を渡ると赤坂警察署とようかんで有名なとらや本店(2016年4月現在建替のため営業休止中)があり、この間を上ったところが坂上となります。幹線道路が坂になっていることはありますが、坂が道路を横断しているという珍しい坂になっています。とらやの営業が再開したらここで横断する坂を見ながらの休憩もいいかもしれません。

キリンの様なラクダの様な壁

次の坂は、つらい名前がついた坂になります。弾正坂を上り切ったら、突き当りを左に曲がって進みます。しばらくすると右側にキリンの様なラクダの様な壁面が見えてきます。

弁慶橋

コラム

川やお濠等に架かる橋がない赤坂。元赤坂から紀尾井町側に架かる弁慶橋がありますが、弁慶濠と橋は千代田区側の管轄となっているようなので赤坂には歩道橋やペデストリアンデッキはありますが川や濠に架かる橋はありません。

※掲載の情報は発行月時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。