ACCESS

image photo

都営浅草線「馬込」駅徒歩7分。JR山手線「五反田」駅へ直通5分。

新橋・銀座・日本橋のビジネスエリアに直結。将来性豊かな泉岳寺へも直通9分。

都営浅草線「馬込」駅からJR山手線駅へ直通5分。上場企業が集積する新橋・銀座・日本橋にも直通でアクセスでき、渋谷、新宿へのアクセスにも恵まれています。また、2020年に「(仮称)品川新駅」が暫定開業(予定)することで、「泉岳寺」駅のポテンシャルも高まると予測されています。

都営浅草線「馬込」駅より

  • 「五反田」駅へ直通5分
  • 「泉岳寺」駅へ直通9分
  • 「自由が丘」駅へ10分 ※1
  • 「品川」駅へ10分 ※2
  • 「渋谷」駅へ12分 ※2
  • 「新橋」駅へ直通16分
  • 「東京」駅へ19分 ※3
  • 「日本橋」駅へ直通22分
  • 「羽田空港国際線ターミナル」駅へ27分 ※4
  • NIHOMBASHI 22min
  • SHINBASHI 16min
  • SHIBUYA 12min
  • JIYUGAOKA 10min

平日朝7・8時台、計24本運行。通勤時2〜6分間隔で運行。

本数の多さに加え、通勤ピーク時(朝7時半〜9時)の17本は、すべてが都心を縦断するメインラインです。

■都営浅草線「馬込」駅 押上方面[平日]

※赤字は成田空港行きアクセス特急 ※緑字は「押上」行(京成線接続他) ※黒字は「泉岳寺」行 ※2018年8月現在

山手線駅直通5分の価値。

都心近接のバロメーターとされるのが、JR山手線駅への所用時間。「馬込」駅からJR山手線「五反田」駅へは5分。他路線の駅と比較すると、この地の都心からの近さがわかります。

■最寄りの山手線までのアクセス分数

混雑率がいちばん低い都営浅草線。

都営浅草線は、他の地下鉄路線と比べて混雑率が最も低く、これが座りやすい要因のひとつです。

■主要区間の混雑率[混雑率は最混雑時間帯1時間の平均]

※出典:国土交通省「東京圏における主要区間の混雑率」(2017年度)

通勤シミュレーション

※出典:乗換案内ジョルダン(2018年5月11日現在)

都営浅草線「馬込」駅への終電シミュレーション

※「東京」駅からはJR山手線利用「新橋」駅で都営浅草線乗換、「渋谷」駅・「品川」駅からはJR山手線利用
「五反田」駅で都営浅草線乗換 ※所用時間の出典:乗換案内ジョルダン(2018年5月11日現在)

image photo

JR京浜東北線「馬込」駅徒歩7分。横浜、品川、東京方面へも軽快。

徒歩1分のバス停より「大森」駅へ約6分。

現地徒歩1分のバス停より、平日朝7時・8時に計29本の「大森」駅行バスが運行中。約6分で「大森」駅に着きますので、JR京浜東北線での通勤も軽快です。

[平日通勤時1〜8分間隔で運行中]
「東馬込二丁目」バス停[約70m/徒歩1分]・
2018年8月撮影

目黒区、世田谷区を縦断するバス便も利用可能

環七通りを北上し、目黒区、世田谷区を縦断するバス便も利用可能。池上線「長原」駅、目黒線「大岡山」駅、田園都市線「駒沢大学」駅などへのアクセスに便利です。

「大森」駅から羽田空港行バス便も便利

「大森」駅東口バスターミナルより羽田空港行のバス便が充実。羽田空港国際線ターミナルへは約26分、羽田空港第一ターミナルへは約40分と軽快です。

image photo

image photo

日本の新たな玄関口に、国際的ビジネス拠点を創造する国家的プロジェクトが始動。

国家戦略特別区域概念図 ※出典:国家戦略特別区域会議 第6回東京都都市再生文科会 資料4 都市計画(素案)品川駅周辺

いよいよ「泉岳寺」駅〜「品川」駅周辺で、これからの日本の成長を牽引する国家的プロジェクト「品川駅北周辺地区土地区画整理事業」が動き始めました。(仮称)品川新駅の開設、リニア中央新幹線の開業と併せて、日本の新たな玄関口となる国際交流拠点の創造に向けて、注目が集まっています。また、連動するように「泉岳寺駅地区第二種市街地再開発」「泉岳寺周辺地区市街地再開発」が相次いで始動。(仮称)品川新駅に直結する「大森」駅はもちろん、「泉岳寺」駅に直結する「馬込」駅の、将来的ポテンシャルへの期待も膨らみます。

40年ぶりにJR山手線の「新駅」が2020年暫定開業予定。

2020年春の暫定開業、2024年頃の本開業を目指し、山手線の(仮称)品川新駅の建設が進行中。「エキマチ一体」を実現し、国際交流都市にふさわしい魅力を発信します。また「泉岳寺」駅と「(仮称)品川新駅」を結ぶ連絡通路も構想されています。

リニア中央新幹線「品川」〜「名古屋」間
2027年開業予定。

「東京」〜「大阪」間を約1時間で結ぶリニア中央新幹線。2027年には「品川」〜「名古屋」間が開業予定。日本の新たな玄関としての品川周辺エリアの飛躍が期待されています。

image photo

※交通の所要時間は日中平常時のもので、乗換、待ち時間を含まず、時間帯により多少異なります。 ※1.「中延」で東急大井町線に乗換、「旗の台」で東急大井町線急行に乗換 ※2.「五反田」でJR山手線に乗換 ※3.「新橋」でJR横須賀線に乗換 ※4.「泉岳寺」で京急本線エアポート快特に乗換※バスの所用時間〈「大森」駅へ約6分〉/現地より約70mの「東馬込二丁目」バス停より東急バス[森91]に乗車し、「大森駅(山王口)」バス停で下車(交通状況等により実際とは異なる場合があります。)(2018年5月11日現在) ※掲載の写真はすべてイメージです。※表示の徒歩分数は1分=80mで計算した概算であり、端数は切り上げています。 ※掲載の情報は2018年9月現在の情報であり、今後変更となる場合があります。