ココジカ

サンウッドより、暮らしを豊かにするウェブマガジンをお届けします。

Produced by Sunwood

札幌発、いま東京でも注目の「夜パフェ」

Vol.94 / 2019, 08

夕食や飲み会の後に、パフェを食べにもう一軒…という「締めパフェ」もしくは「夜パフェ」をご存知ですか? ブームの発信地は札幌で、北海道の絞り立ての牛乳でつくるソフトクリームや、旬の食材などを使った、甘く冷たいパフェで一日を締めくくるという習慣が近年、定番になっているそうです。札幌発の「夜パフェ専門店」が一昨年の渋谷に続いて、6月には池袋にも進出。お酒が飲める人も飲めない人も、夜パフェの世界を体験してみませんか?

SUNWOOD CLUB MAIL MAGAZINE Vol.94

パフェお酒によく合う、オトナのパフェ「モモブクロ」パフェ

旅行に行けば訪れたくなる「雪印パーラー札幌本店」があるなど、アイスクリーム文化を誇るまち、札幌。お酒の締めにパフェを食べる習慣も以前からあったといいます。2015年に、その食文化に注目して市内7店が「札幌シメパフェ推進委員会」をつくり、共同でPRをはじめたところ、シメパフェを出すお店が急増。いまでは若い女性だけでなく、40〜50代のサラリーマンまで客層が広がっているといいます。

さて、そんな札幌の食文化が東京にもぞくぞく進出。6月1日に誕生した夜パフェ専門店「モモブクロ」。池袋駅から歩いて5分ほどの、池袋西一番街のビル地下1階にあります。周りは完全に飲み屋さんばかりの一角。

モモブクロ

店は午後5時から。いさぎよく夜のみの営業です。連日、行列ができており整理券をくばっているほどです。

モモブクロ

店内は細長く、30席ほど。ナチュラルなウッドカウンターが目を引く、ショットバーのような空間です。この日も、すでに店内は満席で女性グループが9割ですが、勇気をもって入ってくる男性客も若干名。

モモブクロ

「モモブクロ」のパフェは、リキュールなどのお酒を使っているのでお子様はNGの大人専用パフェ。しかも厳選した旬のフルーツを使って作られるため、その時の市場の仕入れ次第で、いつまであるかはわからない期間限定メニューであることが特徴です。

また、すべてのパフェがお店の創作で作られており、メニューの数は常時6種類程度に絞られています。そのため、1つのパフェが非常にたくさんのパーツからできているので、単純に「イチゴが食べたい」とか「チョコ系で」というふうには決められません。じっくり読みながら「今日の気分はコレかな〜」と悩む時間も楽しいものです。

モモブクロのパフェ

約15分後、運ばれてきたパフェの見た目は、まるでポップアート。スプーンを手に、どこから最初に食べようかとドキドキ。

食べてみて驚いたのは「見た目よりも全然、甘ったるくない!」ということ。ソルベやジェラートはむしろ、素材の自然な甘味が生かされているという感じです。また甘みと酸味のバランスや、食感の変化が計算されていて、最後の一口まで飽きさせません。

ピスタチオとチョコレートのパフェ 1,600円(税別)
ピスタチオとチョコレートのパフェ 1,600円(税別)。主役のピスタチオとチョコレートのジェラートの周りには、ラスクやメレンゲ、クレマカタラーナ、シフォンケーキなどがちりばめられています
ラベンダー畑 1,600円(税別)
ラベンダー畑 1,600円(税別)。ソフトクリームの乗ったブルーベリーのジェラート、ラベンダーのメレンゲ。見た目にインパクトのある黒い物体は、竹炭入りのメレンゲ。ゴボウチップが箸休めに。
龍玉 1,800円(税別)
龍玉 1,800円(税別)。フレッシュなマンゴーやドラゴンフルーツ、マンゴープリン、杏仁豆腐、黒タピオカなどを盛り合わせたアジア風パフェ。上に乗っているのは、ピーチリキュールを烏龍茶で割ったカクテル「クーニャン」風味のゼリー。

オーナーシェフの橋本学氏が「パフェはデザートの宝石箱」と宣言するとおり、さまざまな味がグラスのなかで混ざり合うのを楽しめます。そしてパフェと一緒に、コーヒーやドリンクをセットで注文することができます。

実は、この夜パフェ専門店「モモブクロ」ではアルコールメニューも豊富です。まだ飲みたい人と飲めない人が、あともう一軒だけ…というときに入りやすい配慮かもしれません。ドリンク類はセットで注文するとパフェ代プラス300円〜と非常にお得。次回はウィスキーを飲みながらパフェというのもありだな、と、夜パフェ「モモブクロ」の魅力にすっかりはまってしまいました。

InformationInformation

夜パフェ専門店 モモブクロ
所 在 地:豊島区西池袋1-40-5 名取ビルB1階
営業時間:17:00~24:00(金・祝前日は~25:00)
     土曜15:00〜25:00、日祝15:00〜24:00(L.O.閉店の30分前)
定休日:なし
電話番号:03-6914-1839(予約は20時まで可)

※この記事は2019年8月29日時点での取材による情報です。

※掲載の情報は発行月時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。