CONCEPT

development LINKS 連鎖する都心の変貌と進化。development LINKS 連鎖する都心の変貌と進化。
石神井公園(約1,080m/徒歩14分)

2つの風致地区に寄り添い、
水と緑の潤いに日々包まれる。

石神井風致地区と大泉風致地区、閑静な邸宅地や公園に包まれたロケーション。
「ガーデンテラス大泉学園」オーナーにこそ許される、水と緑の潤いの日々へ。

現地周辺概念図
街の自然美を育む「風致地区」。
風致地区とは、明治神宮外苑や等々力渓谷など、都市の自然美を保つために指定された地区のことです。東京23区内にわずか14カ所、練馬区では石神井と大泉の2カ所のみが指定地区となっています。
  • image photo
  • image photo
街の自然美を育む「風致地区」。
風致地区とは、明治神宮外苑や等々力渓谷など、都市の自然美を保つために指定された地区のことです。東京23区内にわずか14カ所、練馬区では石神井と大泉の2カ所のみが指定地区となっています。
  • image photo
  • image photo

12石神井公園(約1,080m/徒歩14分)

Garden city

石神井公園にはじまる緑と邸宅地の本流。

都内であることを忘れるような緑豊かな環境。
ゆったりとした構えの「屋敷」が建ち並ぶ高級住宅街。
石神井公園とその周辺の街並みは、都心の喧騒から隔絶した優雅さ、
歴史の深み、四季と水辺の潤いに彩られたエリア。

1
2 12石神井公園(約1,080m/徒歩14分)
2
石神井公園周辺の街並み(約1,080m/徒歩14分)
緑豊かな「石神井公園」から連なる
邸宅地の系譜。
武蔵野の自然が色濃く残る石神井公園。起伏に富んだ遊歩道を散策する住民も多く、都内でも有数の景勝地として知られています。その周辺は瀟洒な邸宅の数々。庭先の花木が公園から連なる緑の景観を形成し、閑静な高級住宅街としての品位を醸しています。
緑豊かな「石神井公園」から連なる邸宅地の系譜。
武蔵野の自然が色濃く残る石神井公園。起伏に富んだ遊歩道を散策する住民も多く、都内でも有数の景勝地として知られています。その周辺は瀟洒な邸宅の数々。庭先の花木が公園から連なる緑の景観を形成し、閑静な高級住宅街としての品位を醸しています。
石神井公園周辺の街並み(約1,080m/徒歩14分)

1大泉学園通り(約940m/徒歩12分) 2現地周辺の街並み(約150m/徒歩2分)

Academic city

学園都市構想に育まれた、邸宅地の文化意識。

約3㎞にわたり咲き誇る桜のトンネルや大きな松の林が印象的な大泉学園都市は、
学園都市構想により誕生した、美しい街です。住民の文化意識、美意識も高く、
品のよい邸宅や、手入れが行き届いた生け垣が通りの景観を形成。
この街独特の知的で落ち着いた雰囲気を醸成しています。

1
2 1大泉学園通り(約940m/徒歩12分)
2現地周辺の街並み(約150m/徒歩2分)
2
「学園都市構想」に始まる、
魅力あふれる街づくり。
「高等教育の学舎を高尚な邸宅地が囲む」。ヨーロッパの歴史ある大学と街並みが一体となった市街のような都市開発を目指し、学園都市構想は生まれました。1923年の関東大震災直後に大泉学園都市の開発が進められるとともに、「国立」「小平」の各都市も開発。同時期に「田園調布」「成城」も誕生し、現在、それぞれの街が高級住宅街としてのブランドを確立しています。
  • image photo
  • image photo
  • image photo
  • image photo
「学園都市構想」に始まる、魅力あふれる街づくり。
「高等教育の学舎を高尚な邸宅地が囲む」。ヨーロッパの歴史ある大学と街並みが一体となった市街のような都市開発を目指し、学園都市構想は生まれました。1923年の関東大震災直後に大泉学園都市の開発が進められるとともに、「国立」「小平」の各都市も開発。同時期に「田園調布」「成城」も誕生し、現在、それぞれの街が高級住宅街としてのブランドを確立しています。
  • image photo
  • image photo
  • image photo
  • image photo

※掲載の距離・分数は現地からの地図上の概算距離・徒歩分数を示したものです。徒歩分数は1分を80mで算出し、端数は切り上げております。※掲載の写真は、2018年8月に撮影したものです。