QUALITY

image photo

QUALITY設備・構造

SECURITY

日々の安心と安全をお届けするセキュリティ&セーフティ。

4ヶ所設定された
セキュリティチェックポイント※エントランスから入館する場合。

左右にフリックしてご覧ください

概念図セキュリティ概念図セキュリティ概念図
1.風除室カメラ付集合インターホンの映像と音声で来訪者を確認後、オートロックを解錠。
2.エレベーター乗場
(エントランスフロア)
カメラ付集合インターホンの映像と音声で来訪者を確認後、エレベーター扉を解錠。
3.エレベーター内エレベーター内に防犯カメラを設置、映像は一定期間録画され防犯性を向上。※エントランスフロアのエレベーター乗場のモニターでは、中の様子を確認できます。
4.玄関前住戸玄関のカメラ付インターホンの映像と音声で来訪者を確認。
  • 参考写真

    防犯カメラ(リース)

    安全を見守り、トラブルを抑制する防犯カメラを敷地・建物内などの複数箇所に設置しました。※防犯カメラの映像は常に管理室で録画されています。

  • 参考写真

    敷地内駐車場シャッターゲート

    敷地内駐車場・バイク置場・駐輪場への入口にはリモコン式のシャッターゲートを設置。部外者の侵入を防ぎます。駐車場から建物内への入口となるサブエントランスにもオートロックを採用しました。

管理会社と警備会社による
24時間セキュリティシステム

  • 左右にフリックしてご覧ください

    概念図 概念図
  • 参考写真
    カラーTVモニター付インターホン
    エントランス等にいる来訪者をカラー画像と音声で確認してからオートロックを開錠。受話器のないハンズフリータイプを採用しました。
  • 参考写真
    ラクセスキー
    ラクセスキーを鞄・ポケットに入れていれば、鍵を取り出すことなくオートロックを通過することができます。住戸玄関もボタンを押すだけで開錠・施錠が行えます。※各住戸2個のお引渡しとなります。
  • 概念図
    2WAYロータリーシリンダーキー
    鍵の構造が複雑な2WAY構造の採用で、鍵の複製をより困難にし、ピッキングへの対抗力を高めた2WAYロータリーシリンダーキーを導入しました。
  • 参考写真
    エレベーター防犯モニター
    エントランスフロアのエレベーターホールに、エレベーターカゴ内の防犯カメラの映像を確認できるモニターを設置。安心感を高めました。※サンウッド神楽坂はエレベーターインジケーター組込みになります。
  • 防犯玄関ドア・窓センサー
    防犯セット時に不正に玄関ドアや窓が開けられると警報音で異常を知らせると同時に管理事務室・警備会社に非常警報を発信します。※窓センサーは開閉できる窓のみ設置。
    ※1Fの窓は防犯合わせガラスとなります。
  • 玄関前モニター
    各住戸の玄関前インターホンで画像と音声を確認してから、ドアを解錠することが可能です。
  • 玄関ドアダブルロック
    プッシュプルハンドルの上下2カ所に錠を設置したダブルロック仕様です。
  • 鎌デッド錠&防犯サムターン
    バールによるこじ開け対策やサムターン回し対策がほどこされています。

STRUCTURE

堅固な地盤に支えられた安心感と確かな構造計画。

  • 杭基礎概念図
    杭基礎
    地中深くに支持層がある場合、頑丈な杭を支持層に貫入させて建物を支える工法です。「サンウッド神楽坂」では、1SL-約18.2m以深※の細砂層を支持層とした杭基礎(鋼管杭)方式を採用しています。※地盤調査資料を基に設計上想定した支持層の深さとなります。
  • 居室天井概念図
    居室天井高約2,550mm
    (一部約2,500mm)
    建物の階高は約2,960mm以上、住戸内の居室天井高は約2,550mm(一部約2,500mm)。バルコニーの手摺はガラス製で光を取り入れ開放感を演出しています。(一部住戸を除く)
  • コンクリート品質概念図
    耐久性の高い鉄筋コンクリート品質
    建物を支える杭や柱、梁、壁などの構造躯体に、高い設計基準強度を持つコンクリートを採用。一般的なマンションでは24N/m㎡程度のコンクリートが多いのに対し、30N/m㎡以上のコンクリートを使用して強度・耐久性を高めています。100年に渡る居住環境を見すえた資産価値の高い集合住宅を実現します。※1N/m㎡とは約1t/㎡のことで、1㎡に約1tの力が加わっても壊れない強度のこと。
    ※(社)日本建築学会「建築工事標準仕様書JASS5」により「構造体の大規模修繕が予想できる期間としておよそ100年」と定められたコンクリート。ただし、適正な長期修繕計画など一定のメンテナンスは必要とされるものです。
  • 二重床・二重天井上:二重床概念図/下二重天井概念図
    二重床・二重天井
    住戸部分は厚さ約180mm以上(一部約150mm以上)のコンクリートスラブと遮音等級⊿LH(Ⅱ)-2のフローリング材で遮音性に配慮。スラブと床・天井の間に配管や配線を通すのでメンテナンスやリフォームに対応しやすい構造です。床段差のないバリアフリーの住空間も実現できます。
  • 水セメント比構成例グラフ
    コンクリートの水セメント比50%以下
    水セメント比を50%以下としています。建物本体の寿命を縮めるのを防ぐために最低基準を設け、配合の段階から劣化の軽減を図っています。※捨てコンクリート、土間コンクリート、押えコンクリート、外構コンクリートを除く
  • ダブル配筋・ダブル千鳥配筋概念図
    ダブル配筋・ダブル千鳥配筋
    床や壁などの主要構造躯体には鉄筋を二重で配筋。シングル配筋と比べて、耐久性と構造強度が高まります。※一部の壁を除く
  • 外壁・戸境壁断面図
    外壁・戸境壁
    外部と接する外壁は、約180mm〜200mm以上のコンクリート厚を確保。さらに、内側に断熱材を配して断熱性を高めています。また、プライバシーを重視し、静かな生活空間を確保するために、戸境壁は約200mm以上の厚さを確保しました。

※掲載の室内写真は、注記のあるものを除き玄関扉(コンセプトルーム)を2020年11月に撮影したものであり、住戸プラン・設備仕様等は実際とは異なります。