ASSET

外壕と飯田橋を望む

ASSET資産性

伝統と先進が息づく
飯田橋。

外壕と飯田橋を望む

  • 駅周辺の再開発に
    より、
    進化し続ける
    「飯田橋」。

    「飯田橋」駅周辺では、再開発による街づくりが進行中。2014年に駅西口に商業施設「飯田橋サクラテラス」が誕生し、2020年には新駅舎と「エキュートエディション飯田橋」が開業しました。桜咲く堀を眺めるお洒落なレストラン「カナルカフェ」など、魅力あふれるスポットも駅周辺に点在しています。

  • JR飯田橋駅(約560m/徒歩7分)

  • 新宿区が進める
    飯田橋駅東口周辺地区
    まちづくり構想エリア
    に位置。

  • 飯田橋駅東口と周辺の
    まちづくり

    〈主な改善点〉
    駅とまちをつなぐ機能の強化や利便性と楽しさを両立した拠点づくりなど活気あふれ使いやすい動線の確保。

  • 幹線道路沿道のまちづくり
     

    〈主な改善点〉
    歩行者が安全に横断できる動線の確保や安全でゆとりある歩行空間の確保 。

  • 暮らしやすいまちづくり
     

    〈主な改善点〉
    安全に通行できる空間の確保、多世代が交流する憩いの空間の整備、歴史や文化を活かしたまちづくりや災害に強いまちづくりの推進等。

安心・安全の良好な
立地と住環境が資産
価値を高める。

  • 古くから住み継がれ

    良質な地盤で安心
    のエリア。

    武蔵野台地の東端に位置している神楽坂は、関東ローム層・自然体積したローム土は安定していると言われ、比較的良質な地盤を形成しています。

    左右にフリックしてご覧ください

    国土地理院標高データ、発行者(財)日本地図データより抜粋

    国土地理院標高データ、発行者(財)日本地図データより抜粋

  • 洪水災害の危険性が
    少ないエリア。

    新宿区が提供している新宿区洪水ハザードマップを見てみると筑土八幡町の「サンウッド神楽坂」建設地は白色の0.1m未満と洪水の可能性が低いエリアに指定されていることが見てとれます。

    左右にフリックしてご覧ください

住宅街が広がり、落
ち着いた雰囲気の住
居系エリアに誕生。

飯田橋・神楽坂駅周辺は、商業地域や準工業地域が多いエリアですが、「サンウッド神楽坂」が建設される
住居系のエリアは貴重で、静穏な住宅地が広がっています。

左右にフリックしてご覧ください

  • 選ぶなら、
    資産価値の落ちにくい
    マンションを。

    資産を再び売却するときの価値を測る指標「リセールバリュー」。新築マンションにおいてその重要なファクターとなる⽴地を有する「サンウッド神楽坂」は、駅徒歩5分以内であり、複数路線も利用できるためそのポテンシャルに期待が⾼まります。

    左右にフリックしてご覧ください

    ※2009年10月~2010年9月に新規分譲され、2019年10月~2020年9月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出
    ※専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外
    ※(株)東京カンテイ調べ

  • 【ターミナル駅
    徒歩5分以内】
    出現率
    0.4%の希少性。

    山手線内側の都心エリアで分譲された物件のうち、ターミナル駅徒歩5分以内の駅近物件かつ用途地域が住居系に属している住環境が良質型の物件は東京都区部でわずか10物件と希少性の高さがうかがえます。
     

    左右にフリックしてご覧ください

    抽出データ:MIDS【(有)MRC】 2010年1月1日~2020年8月15日の新規販売物件
    ※1 ターミナル駅:1日平均乗車人員30万人以上の駅⇒新宿・池袋・東京・品川・渋谷・新橋・秋葉原・北千住・高田馬場・上野・大崎・有楽町・浜松町・田町・中野・恵比寿・蒲田・五反田・目黒・日暮里・大井町・錦糸町・西日暮里・四ツ谷・飯田橋・新木場・市ヶ谷・大手町・中目黒・押上・神保町・泉岳寺・代々木上原・綾瀬
    ※2 住居地域⇒第1種低層住居専用地域・第2種低層住居専用地域・第1種中高層住居専用地域・第2種中高層住居専用地域・第1種住居地域・第2種住居地域

※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は、80m=1分として算出し、端数は切り上げております。