東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

都市計画税

としけいかくぜい

都市計画税(としけいかくぜい)とは、地方税法により定められている税金であり、その計画区域内の土地や建物に対して、各自治体が条例に基づいて課すことが出来る。具体的には毎年1月1日に、固定資産課税台帳に記載されている土地や建物の所有者に対して課税される。都市計画税は、下水道工事や、道路整備事業、公園作りなどの都市計画や土地区画整理事業の費用を集めるために課される税金とされている。
課税標準額は、その土地の属性によって調整が施されており、敷地面積が200m2までの部分は価格の1/3、敷地面積が200m2を超える部分はの2/3が課税標準とされる。課税標準額に満たない土地や家屋については、都市計画税も課税されない。
その税率の上限は0.3%となっており、各自治体によってその率を調整することが出来る。納税方法は固定資産税と合わせて行うことが一般的であり、納税者には都市計画税のものが固定資産税納税通知書とあわせて送付される。

TOP