東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

つなぎ融資

つなぎゆうし

つなぎ融資(つなぎゆうし)とは、分譲マンションをはじめとする不動産を取得しようとする者が、住宅ローンの実行や(買い替えの場合など)自己所有不動産の売却代金などを受領する前に、工事代金や(マンションなどの)購入代金に充てるために受ける融資のことである。
この融資を利用することによって、資金繰りのタイミングのズレを無くすことが可能となる。
借入金の返済は、住宅ローン実行時または自己所有不動産の売却代金などを受領した際に一括して行うことが一般的である。
~住宅ローンの場合の例~
住宅ローンの借入は、物件が完成して所有権がローンの借り主に移転した後に、融資によっては金融機関が物件である建物や土地に抵当権を設定登記してから融資が行われる。
しかし、抵当権を登記するためには、不動産会社や建築会社に代金を支払う必要がある。そのため住宅ローンの融資が実行されるまでの間にまとまった費用が必要となるが、その時点で存在する自己資金でカバーできるとは限らない。
そうした場合に、この支払のために、住宅ローンが実行されるまでの間に短期的に利用することができるつなぎ融資を利用する。

TOP