東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

定期借地権

ていきしゃくちけん

定期借地権(ていきしゃくちけん)とは、1992年8月1日より施行された借地借家法で新たに創設された制度である。
定期の借地権という文字通りの意味で、契約時期の期限付きの土地のことであり、契約期限がきたときに、契約の更新はできず、契約期間の延長もできない。
また、契約の種類によっては、建物を取り壊した状態で、更地に戻して返還する必要があり、立退料の請求はできない。
定期借地権の種類と違いは以下の3つに分けることができる。
1つ目は、契約期間が50年以上の一般定期借地権。(借地借家法22条)
2つ目は、契約期間が10年以上50年未満の事業用借地権。(借地借家法23条)
3つ目は、契約期間が30年以上で建物の取り壊しをせずに土地を返還できる条件の付いた建物譲渡特約付借地権。(借地借家法24条)
分譲マンションをはじめとする新築住宅の供給では、1つ目の一般定期借地権を用いることが一般的である。
(定期ではない借地権については、別途用語「借地権」として説明)

TOP