東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

借地権

しゃくちけん

借地権(しゃくちけん)とは、土地の上の建物の所有を目的とした地上権、または土地の賃借権をいう(借地借家法2条1号)。現在の借地権は、旧法・新法が存在しており、旧法上のものは1992年7月31日までに成立していたものを指し、新法上のものは新法が施行された1992年8月1日以降に成立されたものを指す。
(定期借地権については、別途用語「定期借地権」として説明)
旧法上の借地権は、建物を堅固と非堅固に分類しており、あらかじめ定めなかった場合には、前者は60年、後者は30年となっている。(例外的に、借地権設定契約において存続期間を堅固建物で30年以上、非堅固建物で20年以上と定めた場合には、この合意が優先される。)そして更新した場合は30年及び20年である。
一方、新法上の普通借地権は、旧法で定められていた建物の分類が撤廃され、存続期間は一律で30年となる。更新後は一律で20年、2回目の行進以降は10年となるが、貸し手と借り手の同意があれば、それより長い期間を設定しても問題は無い。

TOP