東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

建ぺい率

けんぺいりつ

建ぺい率(けんぺいりつ)とは、敷地面積に対して、どれくらいの大きさの住宅を建てられるか(=建築面積)の割合のことである。
計算式としては、以下の通りとなる。
建ぺい率=建築面積÷敷地面積
例)
100?の土地で建ぺい率が60%の場合、
100×0.6=60?
となり、60?の建築面積の建物を建てることが出来る。
建ぺい率は、都市計画により用途地域の種類毎に30%?80%の範囲で制限が定められている。
※建ぺい率の異なる複数の地域にまたがっている場合は、加重平均によって算出される。

以下の場合は、上記の限りではない。
・建ぺい率の上限が80%とされている用途地域で、防火地域内に耐火建築物を建てる場合には、建ぺい率の制限がない。
・巡査派出所、公衆便所、公共用歩廊、公園、広場その他これらに類する建築物などは制限がない。
・敷地が特定行政庁が指定する角地にあたる場合は建ぺい率が10%緩和される。
・防火地域内の耐火建築物の場合には、建ぺい率が10%緩和される。

TOP