東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

根抵当権

ねていとうけん

根抵当権(ねていとうけん)とは、(例えば)ある不動産を担保とする場合に上限額と債権の種類を決定し、この範囲内であれば何度でも借入および返済を繰り返すことが出来る権利である。
住宅ローンを借りる時など、普通抵当権の場合は、債権の種類は特定されており、担保設定は返済の度に繰り返す必要があるが、根抵当権はあらかじめ定められた限度額(極度額)内であれば、担保設定を再び行うことなく何度でも借りることが可能になる。
普通抵当権とは異なり全て弁済し終わっても消滅しないため、抹消させるためには法務局で抹消登記を行う必要がある。どのような債権でも担保として設定出来るわけではなく、売買契約や銀行取引の債権などに限定される。根抵当権には随伴性がなく、被担保債権が第三者に譲渡された場合であっても、その権利が移転されることは無い。
普通抵当権は他の債権者が居る場合、最後の2年分しか優先権が存在しないが、根抵当権は、あらかじめ設定された限度額(極度額)の範囲内であれば、元本や利息、遅延損害金全てが保証されているのが特徴である。根抵当権は元本が確定したあとでも極度額の変更は可能だが、利害関係を有する人物の承諾が必要になる。

TOP