資料請求・来場予約

  • マンションギャラリー・現地案内図
  • 物件概要

文字サイズ

  • 大
  • 小

【公式】ガーデンコート多摩センター|京王線・小田急線「多摩センター」駅徒歩6分。

  • 構造・防災
  • セキュリティ

暮らしを支える信頼性の高い建物。

「ガーデンコート多摩センター」は、強固な地盤で知られる多摩丘陵に位置しています。1階SLより約8.15m以深の堅固で良質な地盤を支持層とし、そこに計34本の場所打ち鋼管コンクリート杭で支持する基礎構造を採用しました。

多摩丘陵は東京都から神奈川県にかけて広がる高台。多摩川をはじめ幾つかの河川で水資源に恵まれ、旧石器時代には人が住みはじめていた痕跡がみられます。食料を自給していたと思われる、縄文時代の集落群も発見。暮らしに不可欠な要素を備え、太古の昔から続いてきた営みの場です。

揺れに強い東京の待ちランキング 第一位多摩市

杭基礎概念図(店舗棟を除く)

建物を支える柱や梁、壁などの構造躯体に、高い設計基準強度を持つコンクリートを採用。30N/㎟以上のコンクリートを使用※2して強度・耐久性を高めています。100年に渡る居住環境を見すえた資産価値の高い集合住宅を実現します。

二枚のガラスの間に空気層を設けて断熱効果高め、光熱費を抑える複層ガラスを採用。また、遮音等級がT−2等級のサッシを採用しました。

外部と接する外壁は、最大約180㎜のコンクリート厚を確保。さらに、外壁面の内側に断熱材を配して断熱性を高めています。また戸境壁のコンクリート厚は約200㎜を確保しています。

柱の主筋を拘束する帯筋の一部には溶接閉鎖型を採用。せん断破壊や柱の坐屈防止に効果の高い工法です。

厚さ約200~240㎜(2階床・屋根を除く)のコンクリートスラブと遮音等級LL-45の二重床で遮音性に配慮。スラブと床・天井仕上げの間に配管を通すのでメンテナンスやリフォームに対応しやすい構造です。

住宅性能表示制度の「温熱環境・エネルギー消費に関すること」に該当する項目で、断熱等性能等級「4」を取得しました。【フラット35】S(金利Bプラン)が適用され、さらに贈与税非課税額が拡充されるメリットがあります。

国土交通大臣の登録を受けた第三者機関が住宅の品質を公正かつ客観的に評価する「設計住宅性能評価書」を取得済です。また、竣工時に「建設住宅性能評価」を取得予定です。

マンションの環境性能表示制度は、大規模な新築・増築などマンションの環境性能に関する情報を、購入予定の方に提供することで、環境に配慮したマンションの選択肢を拡大し、市場での評価向上や建築主の自主的な環境配慮の取り組みを促すための制度です。

防災

大規模の地震など不測の災害に備えて、1階と2階に防災倉庫を設置しました。災害時に居住者の方々でお使いいただけるさまざまな道具やツールを格納してあります。各住戸にも、緊急の場合に役立つアイテムをまとめた防災リュックをご用意。さらに、専有部の玄関に耐震ドア枠を採用するなどの対策を施しています。

万一の災害時に備えて、発電機や災害用マンホールトイレ、災害用救急箱、レスキューキットなどの様々な防災用品を備えた防災倉庫を、建物1階に設置しました。

各住戸に防災用リュックをご用意。急場をしのぐための非常食や、電池が要らない手回しラジオライト、防塵マスク、からだふきぬれタオルなど、様々な防災用品をコンパクトに収納しています。

※特記無き限り、掲載の写真はモデルルームを撮影したもの(2015年10月)となります。