サンウッド赤坂丹後町アーカイブ

    赤坂が住まい(博多ラーメン 和)

    • 投稿日:
    最近ラーメンのブログが多くなっていることは承知しつつ
    赤坂にある本格博多ラーメン和(かず)に行って参りました。

    aka-20170623-1.jpg
    博多ラーメン和(かず)

    東京メトロ「赤坂」駅、1番出口より徒歩2分のところにお店はあります。
    ランチ時間を少しずらし、13時頃に伺いました。


    赤坂が住まい(担担麺 希須林)

    • 投稿日:
    食通の間では、赤坂の担担麺といえば...真っ先にこちらのお店を挙げる人も少なくありません。
    行列ができる店としても知られる、担担麺の専門店「希須林」に行って参りました。

    aka-20170613-1.png
    ※手前の白い外観の建物になります。

    東京メトロ千代田線「赤坂」駅、銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅、南北線「溜池山王」駅より徒歩5分のところにお店はあります。
    お昼前に並んだので10分ほどで席に案内していただきましたが、ピーク時になると30分前後は並ぶので気を付けてください。


    赤坂が住まい(居酒屋 阿吽亭)

    • 投稿日:
    居酒屋ランチ、皆様はお好きですか?
    美味しくてボリュームも満足なうえにお手頃価格のお店が多いので、繁華街近くのビジネスマンには根強い人気があります。今回は「赤坂見附」駅近くの居酒屋「阿吽亭」に行ってきました。

    東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」駅から徒歩3分。
    飲食店が密集する、活気ある繁華街のビルの一角にお店はあります。

    こちらのお店では鹿児島県の阿久根港より新鮮な魚介や宮崎産の地鶏「じとっこ」を毎日空輸で仕入れており、鮮度の高い食材をふんだんに使った九州の名物料理をいただけます。
    氷や水にもこだわり、焼酎は常時3-40種類を揃えてあり、呑み放題付のコース料理も人気のお店です。
    そんな、こだわりの食材がランチでは低価格でいただけるのです・・・!

    我々が注文したのはこちら。

    aka-20170606-1.JPG
    和牛タタキ丼定食

    まさにとろけるような美味しさです!


    赤坂が住まい(とんかつ まさむね)

    • 投稿日:
    とにかく無性に「とんかつ」を食べたい!・・・なんて日は皆様ないでしょうか。
    どうしても美味しいとんかつを食べたくて、今回はとんかつ「まさむね」に行って参りました。

    東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅10番出口から徒歩2分。
    東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅から徒歩8分。

    「まさむね」は、世界的なグルメガイドとして知られるミシュランガイドの「ビブグルマン」にも掲載されている指折りの名店です。

    ※「ビブグルマン」では良質な料理を手ごろな価格(主に5,000円以内)で楽しめる店を紹介しています。
    星の数で店の格付けをするのとはまた違った目線で選定されており、ミシュランガイドにおいては高級料理というより普段使いのできる「コストパフォーマンスの良い店」といった位置づけです。


    もちろん、この界隈のビジネスマンやOLさん達にも大人気で、溜池山王駅より裏路地を少し歩いていくと、突然長蛇の行列が目の前に現れます。

    aka-20170530-1.JPG
    ・・・というわけで私も並びました、30分以上です。
    これだけ待つと期待は否が応にも高まります!


    赤坂が住まい(肉汁溢れる餃子 珉珉)

    • 投稿日:
    幸せ絶頂のグルメ芸人Wが絶賛したとか、テレビで路地裏の行列店として何度か特集されたとか
    話題の尽きないこちらのお店。
    路地裏に突如現れた怪しい看板と、ニンニクの香ばしい匂いに惹かれて行ってきました。

    最寄駅の「乃木坂」駅、「青山一丁目」駅、「赤坂」駅いずれからも
    徒歩10分前後と、決して行きやすい場所ではありません。
    何が目印とも言い難い、住宅街のど真ん中に「珉珉(みんみん)」はあります。

    店名からして、大阪系チェーン店や宇都宮餃子を連想しますが、
    全く関係はないそう。

    aka-20170502-1.JPG


    赤坂が住まい(白碗竹快樓)

    • 投稿日:
    本格・北京料理に舌鼓。

    東京メトロ銀座線 赤坂見附駅から徒歩5分。

    ここが赤坂であることを一瞬忘れてしまいそうな
    竹林が印象的な古民家に本格中華の名店、白碗竹快樓(ばいわんじゅうかいろう)はあります。

    aka-20170421-1.jpeg


    赤坂が住まい(桜の名所 赤坂アークヒルズ)

    • 投稿日:
    会社帰りにふらっとお花見気分

    ようやく日差しが温かくなり、春めいてきた...と思えば、今週末で桜も見納めの予感です。
    本腰を入れてお花見もいいけれど、せっかく都内には桜の名所といわれているところがあるのだから、会社帰りにふらっとお花見気分を味わいに出かけてみるものよいか...と思い、缶コーヒー片手に都内の人気スポット 赤坂アークヒルズ付近を散策してきました。

    aka-20170407-1.jpeg
    赤坂アークヒルズ前



    赤坂が住まい(まぼろしのハワイアンビール)

    • 投稿日:
    赤坂エリアのハワイアンレストラン

    今回は「溜池山王」駅からほど近い「ALOHA TABLE Hawaiian Bar(赤坂店)」へ伺いました。 そこですすめられたビールは、一度製造中止になった伝説のハワイアンラガー「PRIMO」でした。
    akasaka20170330-1.jpg



    赤坂が住まい(現地見学会)

    • 投稿日:
    2017年2月19日(日) 穏やかな冬晴れの中「現地見学会」が開催されました。
    現在、2017年6月上旬(予定)の竣工に向け躯体・内装工事を行っています。

    建物完成後には見えなくなる部分(躯体やその他断熱の施工状況、設備の配管・配線等)をご見学いただく目的で「現場見学会」を開催しています。

    akasaka20170224-1.JPG


    赤坂が住まい(赤穂浪士にゆかりの地)

    • 投稿日:
    赤坂エリアは赤穂浪士にゆかりの地。(氷川神社)

    赤穂浪士の討ち入りといえば、江戸城松之大廊下で浅野内匠頭が吉良上野介に斬りかかったことから、主君のあだ討ちのため、 大石内蔵助を含めた47士が吉良邸に討ち入りをしたことは有名です。
    浅野内匠頭が切腹した後に正室阿久利は、出家し瑤泉院と称し生家である三次浅野家に幽居しました。 幽居した浅野土佐守邸跡は、現在赤坂にある氷川神社の境内となっています。

    akasaka20170126-2.jpg
    氷川神社境内