気ままに食巡り(和菓子・青野総本舗)

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
老舗の和菓子屋さん「青野総本舗」に行ってきました。

minato180613-1.jpg

お店は六本木駅から外苑東通り沿いを飯倉片町方面に向かう途中にあります。

「青野総本舗」は1856年に麻布市兵衛町(現在の「六本木一丁目」駅付近)で店を構えたのが始まりという、筋金入りの老舗。
1887年に今の場所に移転して以来、和菓子一筋で営業しているお店です。

「青野総本舗」では、厳選した素材を使用して、店舗の裏手の工場で職人がひとつひとつ手作りしています。

広い店内には、上生菓子、餅菓子、干菓子、焼き菓子、羊羹など、あらゆる種類のお菓子が並びます。

minato180613-2.jpg

化粧箱に綺麗におさめられた贈答用のお菓子から、数百円で売られているお煎餅やおかきまで揃います。

代表銘菓として知られる「鶯もち」もいいけれど・・今回はどら焼きを買い求めることに。

「青野総本舗」のどら焼きはしっとりした生地と程よい甘さの餡が特徴です。

それもそのはず、生地には国産小麦と岩手県の特約農家と契約した添加物・抗生物質を含まない健康な卵のみを使っているため、パサつき感のない食感に納得です。
餡は蜂蜜漬けにした北海道産の大粒選り小豆をじっくりと炊き上げていくことで、粒の存在感がありながらも柔らかくまとまるのだとか。

「青野総本舗」では、どら焼きにオリジナルの焼き印を施すことも可能です。

minato180613-3.jpg

さっそくオーダーしました。
社用に買い求めましたので、社名とロゴを入れてもらいました。
オリジナルの焼き印の場合は、別途版代がかかりますが、綺麗な出来栄えに大満足です。

このサービス、創立記念やお祝い事のほかにも、顔文字や「ありがとう」、「おめでとう」といったメッセージを入れてお土産にする人もいるそうです。

どら焼きは、ばら売りで250円(税込)から。

老舗だからと気負わずに、気軽に買い物に出かけてみては。

【青野総本舗】
営業時間
 9時半から19時

定休日
 日曜日

住所
 東京都港区六本木3-15-21
 ※「六本木」駅より徒歩5分※六本木駅から371m

URL
 「青野総本舗」ホームページ


※掲載の画像は2018年6月撮影。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。