「ガーデンシティ多摩センターこどもまつり2018」

2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)の3日間、今年で14回目を迎える「ガーデンシティ多摩センターこどもまつり」が開催されました。

tama20180510-1.JPG

多摩センターは年間を通して家族で楽しめるイベントが多いのですが、この期間中は特に「多摩センター」駅、南側一帯の広いエリアで子供向けイベントが行われ、大勢の人々で賑わっていました。
上の写真はココリア多摩センターの前の広場を写した写真です。
こいのぼりが揚げられ、ハローキティと握手や写真撮影ができるキャラクターグリーティング、ゲームで楽しく防災が学べる体験イベントや大道芸フェスタ・・等々、子供向けのイベントが多数開催されています。

一方で、大人も楽しめるイベントとして、ジャズの生演奏も行われていました。
ココリア多摩センターのココリアホール内で、なんと入場料無料でジャズの生演奏とジャズシンガー松本佳子さんの歌声を楽しめます。

tama20180510-2.JPG

こちらはパルテノン大通り。 通りの両端にはテントバザールが設けられ、地元市民団体・企業が飲食店などを出店しています。
手作りアートやクラフトを販売しているコーナーもあり、買い物を楽しむことも可能です。

パルテノン多摩では、手回しオルガンの演奏体験や、「バンジートランポリン」やサッカーをプレイできるコーナーも設けられ、多摩市ご当地アイドル「ディゼル」のミニライブ、白バイと一緒に記念撮影ができるブースには大勢が集まっていました。

私は見逃してしまったのですが、ヤギのえさやり体験ができるコーナーや、日野市から来てくれた新撰組隊士による演武も行われていたそうです。

街全体が一体となって盛り上がるのが、多摩センターのイベントの良いところ。
定期開催されるイベントのおかげで、街の魅力を余さず感じられます。

【ガーデンコート多摩センターのHPはこちら】

初めて南側に多摩中央公園を見晴らす邸宅。
小田急線・京王線「多摩センター」駅よりペデストリアンデッキ直結で徒歩6分。
「新宿」駅へ直通29分、「渋谷」駅へ29分。

※掲載の画像は2018年5月撮影。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。