気ままに食巡り(ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂)

ローストビーフ好きには言わずと知れた「ロウリーズ」。
今回は、以前から気になっていた『ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂』に行ってきました。

 minato20180201-1.jpg

赤坂店は、赤坂インターシティAIRの3階にあります。
220席のメインダイニングは天井高5メートルという抜群の開放感で、洗練された大人の雰囲気が印象的です。

minato20180201-2.jpg

高級感ある店内に圧倒されつつも席に通され、メニューを渡されました。
ロウリーズではローストビーフだけでなく、普通のステーキやロブスターなどのシーフードも揃えてありますが、人気はやはりローストビーフ・・ということで、「プライムリブ」(ローストビーフ)を注文しました。

メインの他に、サラダ、ヨークシャープディング、マッシュドポテト、パンも含まれます。 ボリュームによって5種類のメニューに分かれているのですが、今回は一般的な量とされている「カリフォルニアカット」(180g)にすることに。

注文してしばらくすると、ウェイトレスがやってきてサラダを目の前で作ってくれました。

こちらが、ロウリーズ名物の「スピニング・サラダ」。

minato20180201-3.jpg

氷を張ったボールの上にサラダボールを回転させてドレッシングを注ぐことで、ドレッシングがまんべんなく絡まるという、ロウリーズ伝統の製法なのだとか。 やや濃厚なドレッシングが冷えたレタスによく合います。

食欲が増したところで、いよいよプライムリブの到着です!
しかし・・ロウリーズは一味違います。

minato20180201-4.jpg

巨大な鉄製のシルバーカートに乗って、プライムリブが運ばれてくる様子はまさに圧巻!
目の前で切り分けられるという演出に、俄然盛り上がります。

minato20180201-5.jpg
「プライムリブ カリフォルニアカット」¥5,000(税別)+サービス料10%

こちらはミディアムレアで注文しました。
とにかく肉が柔らかく、ナイフを入れてスッと引くだけで簡単にカットできます。 一口頬張ると肉汁の甘みが口いっぱいに広がり・・肉好きには堪りません。
また、ソースも美味しく、ヨークシャープディングやパンを肉汁の溶けたソースに浸して食べるのが「ロウリーズ通」なんだとか。

一番安いディナーメニューでも4000円からと少々値段は張りますが、また来たい・・と思わせてくれるお店でした。


【ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂】
営業時間
 ランチ:11時半から15時 /ディナー:17時から23時(L.O.22:00)

定休日
 ビル休業日に準ずる

住所
  東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティ AIR 3F
 ※「溜池山王」駅14番出口直結、「神谷町」駅徒歩10分

URL
 Lawry's The Prime Rib, Akasaka(ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂)


※掲載の画像は、2018年1月撮影。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。