虎ノ門で七福神に会いました

職場近くを歩いていると、近所の神社でお祭りをやっていました。
神社の名前は「虎ノ門 金刀比羅宮」。 いつもは静かな境内が何やら、ものすごい黒山の人だかり・・そこで世にも珍しい七福神の行進を発見しました。

yaku20180111-1.JPG

女神様の弁財天に大黒天、恵比寿天、雄々しい姿の毘沙門天・・が続きます。

縁結び、福徳開運、商売繁盛、融通招福・・あらゆる種類のご利益が一斉に得られるなんて! ありがたや~、ありがたや~。

yaku20180111-2.JPG

すると何やら屋台の売りものに手を出す不届きものが・・神様たちの目を盗んでこっそりとつまみ食いしています。

yaku20180111-3.JPG

赤頭巾:「返しなさい」
緑頭巾:「へぇっ、これは手が勝手に・・すみません」

そんな寸劇もあったりして、楽しめます。

偶然7人の神様に会えるなんて、何やら今年は良いことがありそうな予感。
ブログを見てくださっている皆様にも、ご利益のお裾分けです。

yaku20180111-4.JPG

宝物の入った大きな袋を担ぐ布袋尊に、杖をもった・・福禄寿でしょうか、なんとも縁起が良いです。
布袋尊といえば、「笑門来福」。笑う門には福来る・・たくさん笑って福を呼び込みたいものです。

虎ノ門 金刀比羅宮の次回の行事ですが、2月は3日(土)に節分の追儺祭り(ついなまつり)と豆撒きが予定されています。
神様を味方にして実り多い一年になりますように。

※創始・・「虎ノ門 金刀比羅宮」は1660年に讃岐に鎮座する金刀比羅宮のご分霊を芝・三田に勧請し、1679年に現在の虎ノ門に遷座したのが始まりです。
五穀豊穣・殖産興業・招福除災にご利益があるとして、当時の江戸市民から広く信仰され、今日に至ります。

【虎ノ門 金刀比羅宮】
所在地
 東京都港区虎ノ門1-2-7
 ※銀座線「虎ノ門」駅徒歩1分
  丸ノ内線・千代田線・日比谷線「霞ヶ関」駅徒歩5分

URL
「虎ノ門 金刀比羅宮」


※掲載の画像は2018年1月撮影。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。