六本木で一息(メゾン・ランドゥメンヌ東京)

パリ発のブーランジェリー「メゾン・ランドゥメンヌ東京」に行ってきました。
2015年3月にオープンして以来、食通・パン好きを虜にしてきたという話題のパン屋さんですが、聞きなれない店名ですよね。

それもそのはず、パリ発の「メゾン・ランドゥメンヌ」では唯一の外国店舗であり、パリのほかには、ここ六本木に1店舗しかありません。

aoyama171127-1.jpg

ブーランジェリー(boulangerie)とは、フランス語でパン屋さんの意味です。
ただし、フランスでは「職人が店内で小麦を挽いて、生地から作って焼いたパン」を売る店でなければ、ブーランジェリーを名乗ることは出来ません。
「あらかじめ工場で作って冷凍しておいたパン生地を店で焼く」という、日本では当たり前のパン屋の場合、フランスでは「パン屋」と名乗れないのです。

厳しい条件をクリアして、初めて「パン屋」であることを名乗れるフランスにおいて、パリのグルメガイドで「ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー・パリ」に選出された同店は、パリでは大人気のパン屋さんです。


店内はどことなく、パリのエスプリ漂う雰囲気。

aoyama171127-2.jpg

店内には様々な種類のパンが売られ、香ばしい香りが広がっています。
こちらの人気商品は、「クロワッサン」。
お客様が多い日には、個数制限がかかるほど人気だそうです。
ショーケースにはバゲットを始め、食事に合わせるハード系のパンや、キッシュやサンドイッチなどの総菜パンも並びます。

aoyama171127-3.jpg

種類が豊富で迷ってしまいます。

しかし、ランチタイムの「メゾン・ランドゥメンヌ東京」には、更なるメニューがあります。
なんと、店内で「パン食べ放題」のランチメニューが提供されます。 店内でこだわりぬいて作られたパンを、お替り自由で召し上がれます。・・何とも贅沢。

aoyama171127-4.jpg

意外にも「日替わりおすすめランチ」はサラダ付きで1080円(税込)とリーズナブルな価格設定です。
店内で売られているクロワッサンが1個500円ほどであるのに対し、ランチだと1000円前後で様々な種類のパンが食べ放題になるんです!

食事を楽しんだ後は、店内で売られているケーキやタルトをお土産用にテイクアウトする方が多いのだとか。

高級パンが食べ放題でいただける「メゾン・ランドゥメンヌ東京」は、六本木駅から徒歩8分、六本木一丁目駅から徒歩5分程度の場所にあります。 ※サンウッドマンションギャラリーからは約3分(220m)です。

ランチタイムは、特にお勧めしたいお店です。


【メゾン・ランドゥメンヌ東京】(MAISON LANDEMAINE TOKYO)
営業時間
 7時から19時半※日曜営業

定休日
 不定休(年始のみ)

住所
 東京都港区麻布台3-1-5
 ※「六本木」駅徒歩8分、「六本木一丁目」駅徒歩5分

URL
 「メゾン・ランドゥメンヌ東京」食べログ


※掲載の情報は2017年11月時点の情報になります。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。