新宿を手中にする代々木3丁目(800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA)

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
アメリカの西海岸と聞いて、何を思い浮かべますか?
サンフランシスコやサンディエゴのビーチリゾート?
それとも、ハリウッドセレブが住む高級住宅地ビバリーヒルズ?
訪れたことはないけれど、なんとなくおしゃれで良いイメージを持っているという人も多いのではないでしょうか。

今回は、昨年の2016年3月にオープンした新宿駅直結の複合施設「ニュウマン(NEWoMan)」にLA発、日本初出店のピッツァのお店があると聞いて、ブランチに行ってきました。

お店の名前は「800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA(800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア)」。
こちらでは、華氏※800度で保たれた薪窯で、約90秒間で焼き上げられる本格ナポリピッツァをいただけます。

※華氏は、主にアメリカ合衆国で使用される温度目盛。日本を含めた多くの国では、摂氏温度が使用されており、華氏800度を摂氏に換算すると摂氏約425度になります。

yoyogi170804-2.JPG


店内で、メニューを見せてもらうと「CREATE YOUR OWN」の文字が目に飛び込んできました。
こちらでは、自分好みのピッツァをオーダーできる仕組みになっています。
最初に生地を選び、続いてベースとなるピッツァ、トッピング(別売で1種類につき100-300円)を店員さんに告げていきます。
生地はオリジナルナポリタンかグルテンフリーの2種類から選ぶことができるのが、個人的に高ポイントです!

ダイエット中にピッツァなんて、絶対食べられない...なんて方も、安心して召し上がれます。

※グルテンフリーとはグルテンを使わない食事療法のこと。
グルテンはパスタやうどんなどの麺類、パン生地やシリアルに含まれており、摂取しすぎると「太りやすい体質」になったり、「老化」が進みやすくなったり、アレルギーを引き起こす原因になったりとあらゆるデメリットが指摘されています。


会計を済ませてピッツァが焼きあがるまで、窯を眺めること約90秒...
完成したピッツァがこちらです。

yoyogi170804-1.JPG
チーズの伸びが良く濃厚で、まさに「本場の味」!
軽すぎず、もっちりした食感の生地なので、男性でも満足いく量だと思います。

普段着で気取らず利用できるファストフード感覚のお店ですが、本格ピッツァを味わいたい方は是非どうぞ。


 

【800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA】
営業時間
 11時から23時(L.O.22時半)

定休日
 NEWoManに準ずる

住所
 東京都東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F

URL
 「800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA」ホームページ


【サンウッド代々木西参道】公式ホームページはこちら

都心と杜が出逢う、静寂の逸邸。
10年にひとつの代々木、都心邸宅プロジェクト。
ビッグターミナル「新宿」駅徒歩9分(都営大江戸線・都営新宿線・京王新線)
[JR線「新宿」駅徒歩13分]。6駅10路線利用可能。

※掲載の画像は2017年7月撮影。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。