日暮の里に住まう(あらかわ遊園)

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
懐かしいニッポンの遊園地、「あらかわ遊園」に行ってきました。

nippori20170616-1.JPG

都電荒川線「荒川遊園地前」駅を下車して、徒歩3分ほど。
「西日暮里フラッツ」からは自転車で行くこともできます。

「あらかわ遊園」は、東京23区内唯一の公営遊園地です。
その歴史は古く、開園はなんと1950年!
家族3世代にわたって愛され続けてきた老舗遊園地です。
約3万平米超の広大な敷地には、「のりもの広場」、「どうぶつ広場」、「水あそび広場」、「魚つり広場」など、ゾーン分けされており、小さなお子様から魚釣りに興じる壮年男性まで、幅広い年代の人たちに愛されています。


園内では、高さ32mの普通の大きさの観覧車や日本一遅い(!?)と噂のジェットコースターなど、一周まわって新鮮に感じるアトラクションに向かう人もいれば、小動物たちとのふれあいやポニーの乗馬体験をする人など様々です。

私が向かった「どうぶつ広場」には、綺麗な羽の孔雀さんもいれば...

nippori20170616-2.JPG

渋い表情のお猿さんもいました。

nippori20170616-3.JPG

それに、なんといっても入園料が安いのが良いんです。
大人200円、小中学生100円(←しかも平日は無料という気前の良さ!)
また、5月5日(こどもの日)、10月1日(都民の日)、あらかわ家族の日(毎月第3土曜日と翌日の日曜)は18歳未満のお子様は入園料無料になります。

アトラクションに乗る場合は、のりもの券の購入が別途必要になりますが、とにかく入園料が安いので気軽に訪れることができます。

さて、こちらの遊園地ですが、近年は来園者が増加傾向にあり、開園70周年を迎える2020年に向けてリニューアルも予定されています。
ぜひ思い出づくりに出かけてみてはいかがでしょうか。


【あらかわ遊園】
開園時間
 9時から17時
 ※GW期間の日曜・祝日と夏休み期間の日曜は雨天を除き18時まで営業
 ※休園日はこちらからご確認ください

場所
 東京都荒川区西尾久6-35-11
 ※都電荒川線「荒川遊園地前」駅より徒歩3分

URL
 「あらかわ遊園」荒川区公式ホームページ



≪「西日暮里フラッツ」のHPはこちら≫
東京メトロ千代田線「西日暮里」駅徒歩5分。JR線「西日暮里」駅徒歩6分。
※掲載の画像は、2017年6月撮影。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。