日本橋BASE(ラーメン街?オタク街?アキバ)3

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
サンウッド東日本橋フラッツで、都心を、生きる。都心を、使う。
JR総武各駅停車「浅草橋」駅から2分、自転車でも6分の距離にある秋葉原。
その秋葉原が電気街やオタク街からラーメン街へと変わってきています。
第3弾は、外神田3丁目にあるラーメンストリート以外のお店をお届けします。
nihonbashi20160520-13.jpg

ラーメンストリート番外編1
秋葉原ラーメンストリートとは1本ずれた路地にある「麺屋 武一」
濃厚でありながらどんな時でも食べられるコラーゲンたっぷりの濃厚鶏そばが食べられるお店です。 鶏へのこだわりから、卵かけごはんだけではなくささみユッケごはんや鶏チャーシュー等のこだわりの1品もいただくことができます。
nihonbashi20160520-8.jpg  
「麺屋 武一」
営業時間:時半から23時まで(日曜日は22時まで)
住所:東京都千代田区外神田3-13-5

ラーメンストリート番外編2
九州じゃんがら系列でノスタルジックな味を追究する「東京らあめんタワー 神田明神下店」
醤油ラーメンは、甘露醤油を使用しほんのりとした甘さがあり、 スープの上を覆う純正ラードのおかげで最後まで冷めない一杯を提供してくれます。
nihonbashi20160520-18.jpg  
「東京らあめんタワー 神田明神下店」
営業時間:11時から21時まで
住所:千代田区外神田3-10-7

ラーメンストリート番外編3
外神田3丁目の中央通り沿いにある「麺屋はるか」
名古屋名物の元祖台湾まぜそばを食べさせてくれるお店です。
台湾なのに名古屋発祥と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、 台湾ミンチをのせたそばを考案したお店が名古屋にあるようです。
nihonbashi20160520-4.jpg  
「麺屋はるか」
営業時間:11時から23時まで
住所:東京都千代田区外神田3-13-7 田中無線電機ビルB1F

ラーメンストリート番外編4
おしゃれなたたずまいとおしゃれな店長さんがいると噂のお店「志奈そば 田なか セカンド」
塩中華そばと塩まぜそばの塩味にこだわったお店で、スープのこだわりだけではなく かえしや麺にまでこだわり、まろやかな塩味に仕上げた一杯を提供してくれます。
nihonbashi20160520-17.jpg  
「志奈そば 田なか セカンド」
営業時間:火から金:11時から15時・17時から20時45分 土:11時から20時45分 祝日:11時から18時(月曜定休)
住所:東京都千代田区外神田3-4-1

ラーメンストリート番外編5
二郎インスパイア系とあって黄色い看板が目印の「らーめん影武者」
二郎でも厚めの大きなチャーシューをだしてくれますが、 これでもかという厚さのチャーシューにかぶりつけるラーメンがいただけるお店です。
nihonbashi20160520-21.jpg  
「らーめん影武者」
営業時間:平日:11時から23時まで 日・祝日:11時から20時まで
住所:東京都千代田区外神田3-4-1

外神田3丁目にある秋葉原ラーメンストリートパート3をお送りしました。 外神田3丁目は、秋葉原ラーメンストリート以外にも多くのお店が軒を連ねています。 お気に入りのお店や行ってみたいお店はありましたか。
まだまだ秋葉原にはたくさんのラーメン店がありますので、どこかの機会でご紹介させてください。
秋葉原ラーメンストリートパート1はこちら
秋葉原ラーメンストリートパート2はこちら

※所要時間は、徒歩分数を80m=1分、自転車分数を250m=1分で端数は切り上げてあります。(秋葉原駅昭和通り口まで約1,300m)
※乗車時間は、日中時(9時1分から18時まで)の時間です。
※掲載の情報および画像は2016年5月時点の情報と撮影時期になりますのでご注意ください。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。