日本橋BASE(ラーメン街?オタク街?アキバ)2

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
サンウッド東日本橋フラッツで、都心を、生きる。都心を、使う。
JR総武各駅停車「浅草橋」駅から2分、自転車でも6分の距離にある秋葉原。 その秋葉原が電気街やオタク街からラーメン街へと変わってきています。 第2弾も、外神田3丁目にある秋葉原ラーメンストリートの続きをお送りします。
nihonbashi20160520-20.jpg

 


ラーメンストリートパート2の1件目は、
日本で初めて刀削麺ロボットを導入したという「刀削麺荘 唐家 秋葉原本店」
刀削麺と言えば辛いイメージですが、さらに辛くしたい人向けのトッピングや辛くない刀削麺も用意されています。
nihonbashi20160520-14.jpg   
「刀削麺荘 唐家 秋葉原本店」
営業時間:月から木:11時から21時半まで
 金・土・祝前日:11時から22時 
日・翌日が平日の祝日11時半から21時
住所:東京都千代田区外神田3-8-17 渡辺ビル 1F

ラーメンストリートパート2の2件目は、
気軽に食べる田舎のラーメンをテーマにした「田中そば店 秋葉原店」
喜多方ラーメンをベースにした塩とんこつのラーメンなどが食べられるお店です。
nihonbashi20160520-10.jpg   
「田中そば店 秋葉原店」
営業時間:11時から21時まで
住所:東京都千代田区外神田3-8-3 第一針谷ビル1階

ラーメンストリートパート2の3件目は、
種類によって麺より肉の方が多くなる「肉汁麺ススム」
肉汁麺のお供には白飯が必ず恋しくなりますラーメンです。
通はおつまみの肉盛りと白飯、那須御養卵を定食としていただいているようです。
nihonbashi20160520-15.jpg   
「肉汁麺ススム」
営業時間:11時から21時まで
住所:東京都千代田区外神田3-7-12

ラーメンストリートパート2の4件目は、
「秋葉原ラーメン わいず」
このお店は、家系の系列店から家系ラーメンの直営店に変わりましたが、当時の名残か看板は麺舎十紋字となっていて、のれんはわいずとなっています。
わいずの神田本店にはずいぶんとお世話になりました。横浜の家系ラーメンの中でも食べやすいお店として人気です。 豚骨醤油ベースで太いストレート麺が特徴です。
nihonbashi20160520-11.jpg   
「秋葉原ラーメン わいず」
営業時間:11時から21時まで(月曜日定休)
住所:東京都千代田区外神田3-7-8

ラーメンストリートパート2の5件目は、
わいずの反対側にある「天創伝 楽」
濃厚鶏白湯魚介系と豚骨スープとは違うこだわりの一杯を出してくれるお店です。
nihonbashi20160520-12.jpg   
「天創伝 楽」
営業時間:11時から21時まで
住所:東京都千代田区外神田3-8-7

外神田3丁目から秋葉原ラーメンストリートパート2をお届けしました。
「秋葉原」駅周辺を歩いてみるとまだまだラーメン店がありますのでお気に入りの一杯を探してみてください。 外神田3丁目には、秋葉原ラーメンストリート以外にもまだまだラーメン店があります。 パート3では、秋葉原ラーメンストリート番外編をお届けします。
秋葉原ラーメンストリートパート1はこちら

※所要時間は、徒歩分数を80m=1分、自転車分数を250m=6分で端数は切り上げてあります。(秋葉原駅昭和通り口まで約1,300m)
※乗車時間は、日中時(9時1分から18時まで)の時間です。
※掲載の情報および画像は2016年5月時点の情報と撮影時期になります。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。