セカンドハウス(東京に別荘)とは?

西日暮里フラッツに暮らす。 日暮らしの里からお届けします。
【セカンドハウスとして活用する?】
nippori20160527-1.jpg

「東京への出張が多い。」「自宅が遠方で帰れないことがある。」「東京へ遊びに来ること多い。」など、
月の半分以上を東京で過ごされる方にマンションを購入した理由をお伺いしました。

【セカンドハウスを持つ。(男性 50代)】

 私は、事業拡大のための東京出張が増えていました。
数えてみると月の半分以上は東京におり、 出張の際は東北新幹線で「東京」駅まで出て、近くのビジネスホテルに長期滞在していました。 長期滞在の費用はばかにならず、予約が取りづらい時期やどんなに疲れていても荷物を片付けなければならない めんどくささ等も重なり、東京に拠点を持ちたいと思うようになりました。

nippori20160527-2.jpg

 私の東京出張が無くなったとしても、子どもの大学進学や賃貸でも貸せる都心の便利な場所を中心に探してみました。 「東京」駅周辺には予算内の部屋はなかったのですが、 東北新幹線が停まる「上野」駅と羽田空港に乗り換えなしで行け、予算内に収まる西日暮里で購入することとしました。

nippori20160527-3.jpg

 購入した部屋には、出張時の衣類や靴を収納するスペースがあり、 出張時の荷物を減らすことができました。 また、使用したワイシャツやしわのできたスーツは、近くのクリーニング屋さんに預けて、 次の出張時に受け取るようにしました。これにより、荷物は仕事道具と下着程度まで減ってしまい、 新幹線での移動も快適になりました。
東京に居ると言っても、店舗と自宅の往復ぐらいしかしていないため、 まだまだ知らない場所が多い東京で何度も電車を乗り換えたくない私は、今の部屋に満足しています。
 私が使用しないときは、妻と子供が東京観光と称して遊びに行くようにもなり、 部屋の片づけもしておいてくれるので助かっています。 子供は、部屋から東京スカイツリーが見えることに喜んでいました。

≪「西日暮里フラッツ」のHPはこちら≫
東京メトロ千代田線「西日暮里」駅徒歩5分。JR山手線「西日暮里」駅徒歩6分。
大手町まで直通10分。表参道駅まで直通23分。

※掲載の室内写真は、モデルルーム(A2・Bタイプ)を撮影(2015年11月)した ものです。また、家具・調度品等は販売価格に含まれません。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。