日本橋BASE(英(ハナブサ)編)

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

サンウッド東日本橋フラッツで、
都心を、生きる。都心を、使う。

nihonbashi20151221-1.jpg【麺の激戦区である日本橋】
中央区日本橋には多くのラーメンやつけ麺等の麺をだすお店があります。今回は、サンウッド東日本橋フラッツから最も近く、激戦区で麺画廊を展開する英(はなぶさ)さんへお伺いしました。

【13時以降に食べられるラーメン】
都営浅草線「東日本橋」駅B3出口から徒歩3分のところにある「麺画廊 英(はなぶさ)」にお伺いしました。
すべての麺類を作品として出すこだわりのお店で、店内はクラシックがながれ画廊のような雰囲気のお店です。 また、店員さんの丁寧な接客にラーメンを食べに来ているとは思えない雰囲気になります。
nihonbashi20151221-3.jpg
麺画廊 英(はなぶさ)

時間限定の「麗(うらら)英流担担麺」をいただくために、13時過ぎにお伺いしました。
食券機の一番下にある「13時以降 麗(うらら)英流担担麺」を購入して待つことに。 しばらくすると有田焼の器をキャンバスとして盛られた麗(うらら)が運ばれてきました。 ゴマのいい香りがして食欲をそそります。麺はスープと絡みやすく麺とスープの両方をいっぺんに楽しむことができる一杯でした。
nihonbashi20151221-1.jpg
麗(うらら)英流担担麺

実は、待っている間に席の前に置かれた作品集(メニュー)を見ていたのですが、 麺を食べた後の〆としてそれぞれにあったお茶漬けやチーズリゾットなども紹介されていました。 麗(うらら)の場合は、「温玉御飯」に残ったスープを少しだけかけて食べると玉子のまろやかさで 違った味が楽しめるということで追加で温玉御飯をお願いしていました。 麗(うらら)を食べ終わる頃に「温玉御飯」が運ばれてきたので、早速、残ったスープをかけて食べることに。
温玉御飯にスープをかけて食べるとまた違った味を楽しめ、〆の御飯ではなく別のものをいただいている感じがしました。
nihonbashi20151221-2.jpg
温玉御飯

ごちそうさまでした。 他の味を求めて再度、お伺いしたいと思います。

<今日の一杯>
 

【麺画廊 英(はなぶさ)】
お店移転のため休業中です。新情報が入りましたら更新します。
営業時間
 火から土:11時から14時 18時から22時
 日曜日:11時半から15時
 (スープが無くなり次第終了)

住所
 東京都中央区東日本橋2-9-4

URL
 麺画廊 英(はなぶさ)公式Facebook



※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。