ディスポーザーとは?

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
ディスポーザーとは、
キッチンのシンクの下に設置されている「生ごみ粉砕機」のことです。
水を流しながら生ごみを粉砕し、マンション内にある処理層に流します。
サンウッド東中野では、全戸に完備されています。
※注意事項等につきましては、最下部をご一読ください。

h20150427-2.jpg
生ごみの臭いが気になることはありませんでしたか?

三角コーナーにためた生ごみの臭い
ゴミ収集が休業で回収されないごみ袋からの臭い
これらの臭いの元となる生ごみの量を減らしてくれるのが
ディスポーザーです。
ディスポーザーは、親指の太さ程度の水を流しながら
スイッチを「ON」にすることで生ごみを破砕し流してくれます。
また、サンウッド東中野では、24時間ごみ出しが可能なので
破砕できない生ごみは他のごみと一緒に建物内ごみ置き場に
出すことも可能です。

h20150427-4.jpg
ディスポーザー内に入れてはいけないものは?

普段聞きなれない音や回転しない場合に下記のものが入っている
ことがありますのでご確認ください。
【金属・プラスチック・陶器類】
【ラップ・プラスチックトレイ・ビニール類・ゴム】
【紙・木類】
【その他】
 貝殻、甲殻類の甲羅などの固いもの
 たばこの吸い殻・灰
 薬品類(殺虫剤や除草剤など)や強酸性・強アルカリ性の
 洗浄剤は流さないようにしてください。
※ディスポーザー内から取り除く際は、
 画像内の電源スイッチを「切」にしてください。
※入れてはいけないものが入った場合に故障の原因や
 けがの要因となりますのでご注意ください。
※この他の入れてはいけないものについては
 取扱説明書をご確認ください。

h20150427-3.jpg
ディスポーザーのお手入れは?

【ディスポーザー】
台所用中性洗剤を使ってスポンジなどで洗ってください。
ディスポーザー内にがんこな汚れがついている場合は、
氷を入れて運転してください。
氷を破砕後は、フタを外してバケツなどに5リットル程度の水を
ためて一気に流してください。
※ディスポーザー内を洗う場合は、電源を切ってください。
※厚手のゴム手袋を着用しケガがないように洗ってください。

【排水管】
1週間に1回程度、バケツなどに5リットル程度の水をためて
一気に流してください。
流れにくい卵の殻や生米などを流したり、
配管内の付着物の除去、臭いや本体の傷み予防に効果的です。
※マンション毎に実施される排水管洗浄は、
 付着物等も除去しますのでディスポーザーが実施される場合は、
 洗浄してもらうことをおすすめします。

h20150427.jpg
こんなときどうすれば?

【固くて大きなもの】
スイカやカボチャなどの固くて大きなものは、
細かくしてから投入してください。

【固くて軽いもの】
お茶の葉などの固くて軽いものは、
他のものと破砕すると流れやすくなります。

【破砕しにくいもの】
生魚・生の鶏肉・もち・たくあんなどは、
破砕しにくいため、無くなるまで水を流して運転を
繰り返してください。

【流れにくいもの】
卵の殻・生米・カレーのルーなどは、
破砕後にバケツなどに5リットル程度の水をためて
一気に流してください。
※破砕できないものは取り出して捨ててください。
 故障の原因になる場合があります。

サンウッド東中野の分譲実績ページはこちら

※掲載の情報はサンウッド東中野に設置されるディスポーザーに関する情報になりますので
 それ以外の機種につきましては取扱説明書を確認の上ご使用ください。
※掲載の写真は、モデルルーム(Eタイプ)を2015年4月に撮影したものです。

※掲載の徒歩分数は分速80mとして算出しており、端数を切り上げてあります。
※掲載の情報は記事の掲載時点の情報であり、現在とは異なる可能性があります。