東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

登録免許税

とうろくめんきょぜい

登録免許税(とうろくめんきょぜい)は、不動産の権利や会社、人の資格等について、登記や登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課せられる国税の一種である。不動産登記は固定資産台帳に登録されている価格が課税基準となり、抵当権の場合は、担保する債権金額が課税基準となる。
マンションをはじめとする不動産取引にかかわるものとしては、新築マンションを購入した時の所有権保存登記、土地や中古マンションを買ったり相続した時などの所有権移転登記、住宅ローンを借りた時の抵当権設定登記などがある。
マンションなどの不動産登記にかかわる課税標準は固定資産税評価額で、税率は登記の区分に応じて定められている。
※新築マンションなどの新築でまだ固定資産税評価額が無い場合には、法務局所定の新築建物価格認定基準表を基に評価額を計算する。
1,000円未満の端数は切り捨てるが、課税標準1,000円未満の場合は、1,000円として計算される。
原則として、登記申請時に現金で納付した領収書を登記等の申請書に貼り付けて提出するが、税額が3万円以下の場合は、印紙納付ができる。

TOP