東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

外断熱

そとだんねつ

外断熱(そとだんねつ)とは、建物の外側に断熱材を施工する断熱工法の一つである。
メリットとして以下の点などが挙げられる。
・機密性が高まり、結露が起きにくい。
・構造躯体の劣化が進みにくくなる。
・(マンションなど)蓄熱効果の高いコンクリート造の場合には、室内の温度が一定に保たれやすくなり、冷暖房費などのエネルギー消費が少なくなる。
デメリットとしては、内断熱工法(※)と比較した場合にコストが高くなることなどが挙げられる。
日本では、内断熱工法(※)が主流だが、断熱効率等の理由から近年は外断熱工法を採用するケースも徐々に増えてきている。
※内断熱工法=建物の内側に断熱材を充填する断熱工法。

TOP