東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

地鎮祭

じちんさい

地鎮祭(じちんさい)は日本では古くから行われている伝統的な儀式で、建築物の着工前に、土地の神を祭り、工事の安全を祈願するものである。(起工式と呼ばれることもある)
神式と仏式があるが、一般的には土地の神(氏神)を鎮める神式の儀式が執り行われることが多い。神社の神職が祭事を執り行う。
地鎮祭では一般的に、敷地の中央に注連縄(しめなわ)を張って祭場とし、中央に祭壇を設け、鎮物(しずめもの)を納め、に大榊に御幣などを付けた神籬(ひもろぎ)と呼ばれるものを置き、これに神を呼ぶ。参列者は、祭壇の左側に設けられた盛砂で、工事監理者が草を刈り、建築主が鍬で土に手をつけた後、施工者が鋤で土を掘り起こす動作を行う。
古くから伝承される方法で執り行われるが、独特の作法があり、儀式の内容は地域によって細部に違いがみられることもある。

TOP