東京都 中古・新築マンションのSunwood

不動産用語集

グラスウール

ぐらすうーる

グラスウール(ぐらすうーる)とは、ガラスを溶解して細いガラス繊維にしたものを、少量の結合材(フェノール系樹脂)で綿状の集合体とした素材を言う。
(繊維サイズ:直径4?8ミクロン、長さ:10ミクロン以上の短繊維、不燃材料)
グラスウールのメリットとして、ガラス繊維の間に大量の空気を含んでいることから断熱性が高い点があり、建築物の断熱材として使われる。
他には、吸音効果も高いため、集合住宅やホテルの客室、放送室、スタジオ、防音室にも使用される。簡単に切ったり曲げた自由に加工することが可能であり、厚さ・サイズ・密度等のバリエーションが豊富にあり、建築物以外にも使用されることがある。

TOP