東京都 中古・新築マンションのSunwood

分譲実績

大磯シーサイドヒルズ

「大磯の今昔(四)/付録 大磯の著名 な住人・別荘・土地所 有者」鈴木昇著(1990年発行)の情報 を基に作成

ヒストリー1

政財界の重鎮から文化人まで、多くの先達に愛された町、大磯。
大磯は、岩崎弥之助(三菱)、三井高棟(三井)、古河市兵衛(古河)、安田善次郎(安田)など、 日本を代表する財閥の当主が居を構えたことでも知られています。 また、歌舞伎役者の尾上菊五郎、詩人・小説家の島崎藤村、日本画家の加山又造など、 多くの文化人にも愛されました。

2014年10月撮影

ヒストリー2

「大磯シーサイドヒルズ」が建つのは、 山縣有朋、大隈重信、伊藤博文らが居を構えた海沿い、 高台の旧別荘エリアの一画。徳川御三家のひとつとして知られる旧尾張藩主にして、 侯爵、貴族院議員をつとめた徳川義禮(よしあきら)邸の跡地という、 正統なる由緒を継ぐ地に誕生しました。

逍遥の庭の完成予想CG

ランドスケープ

旧別荘地の景観を守り育てるランドスケープデザイン。
旧別荘地の広い区割りの記憶を今に伝える約5,500m²もの広大な敷地を活かし、 低層3階建て、全63邸の住まいをゆったりと配置しました。 建物の周囲にゆとりあるオープンスペースを確保するとともに、 この地の景観資産を守り育てるために、 黒松を保存することはもちろん、 かつて松林の緑陰に建物が囲まれていた別荘地景観を取り戻せるよう、 新たに20本を超える黒松を植樹 豊かな景観の再生を目指すランドスケープデザインを採用。

エントランスホール

暮らしの表玄関となるエントランスには、 ゆとりある風除室と、その先に約90m²もの広々とした エントランスホールを設えました。 風除室、エントランスホールはともに、 御影石と木調ルーバー、天井にも木調の素材をほどこし、 自然のやすらぎにつつまれる落ち着いた空間を創出します。

ゲストルーム「望洋庵」のプライベートルーフガーデン

ゲストルーム

窓辺に大海原が広がるゲストルーム「望洋庵」。
ご親戚やご友人など大切な賓客をもてなす空間として、 南棟の3階にゲストルーム「望洋庵」を設えました。 太平洋の大海原を見晴らす素晴らしい眺望は、 賓客を心からのくつろぎへと誘います。 ゆったりしたリビングと、2ベッドルームを配したゲスト ルームは、ファミリーステイも可能。 また、ゲストルームにお泊まりのお客さまは、 屋上のプライベートルーフガーデンもご利用いただけます。

《 大磯シーサイドヒルズ 》 物件概要

所在地 神奈川県中郡大磯町東小磯227番1
交通 JR東海道本線「大磯」駅徒歩9分
間取り 3LDK・4LDK 専有面積 72.83m²~140.67m²
階数 3階建て 築年月 2014年9月
建築構造 鉄筋コンクリート造 総戸数 63戸(他ゲストルーム1戸)
敷地面積 5,523.57m² 土地権利 所有権
管理会社 株式会社東急コミュニティー 施工会社 株式会社大勝
売主 サンウッド・新日本建物・タカラレーベン

※本ページに掲載の情報は、分譲当時の情報を記載しておりますので、現状とは異なる場合があります。
※マンション竣工時の写真・建物CGを掲載している場合がありますので、現状とは異なる場合があります。

地図

※表示される地図情報は、実際とは異なる場合があります。

TOP