東京都 中古・新築マンションのSunwood

分譲実績

サンウッド代官山猿楽町

高低差概念図
※参考資料を基に描いたもので、実際とは異なります。

エリア

サンウッド代官山猿楽町が建つのは、標高約32mのヒルトップです。 (「代官山」駅からはペデストリアンデッキを介して徒歩6分のフラットアプローチ)
DAIKANYAMA T-SITEの賑わいから、わずか数十メートルの距離にありながら一歩奥まった立地で、まるで別世界に入りこんだかのような穏やかな静けさにつつまれています。
街路沿いには、低層の家々が並び建ち、都心とは思えないほど、空が高く、伸びやかな心地よさに満たされる場所です。

旧山手通り(現地より約240m)

ヒストリー

代官山といえば、歴史ある屋敷町としての顔をもつ街として知られています。とくに大正から昭和初期にかけて、旧山手通り沿いは屋敷町とされ、広大な敷地に豪壮なる家屋が並び建っていました。
戦後は、諸外国の大使館が建設されるなど、外国人が多く移り住み、国際色豊かな一面も見せるようになりました。
サンウッド代官山猿楽町が建つ土地も、1949年から1975年にかけては、海外の金融機関の社宅として所有されていた歴史があります。1976年には、明治時代に隆盛を極めた財閥創業者の親族の所有地となるなど、屋敷町・代官山にふさわしい由緒をもつ土地です。

デザイン

街路に面した躯体の壁面には、櫛引き仕上げをほどこしたベージュ系タイルを選定。幅、厚み、櫛引きの方向の異なる3種のタイルを巧みに貼り合わせることで、表面に微細な凹凸をつくり、光の投影により美しいファサードを演出。
サンウッド代官山猿楽町では、ピロティから風除室、ラウンジへと連なる壁面に、欅をモチーフとした意匠をこらし、ラウンジ正面にも杢のイメージを印象づけるオブジェを配置しました。 ディテールにこだわり、素材のひとつひとつを選び抜き、磨き上げることで、本物件ならではの、唯一無二の価値を創造します。

敷地配置イラスト

ランドスケープ

江戸時代の武家屋敷は、一様にして敷地周りに塀が巡らされ、外部からの視線を遮るとともに、内部には山水を模した美しい庭園が描かれていました。
サンウッド代官山猿楽町では、こうした日本建築の伝統に則したランドスケープデザインを採用。 街路に面して建物のファサードが結界の役割を果たし、外部の視線を遮るとともに、内部にはケヤキのシンボルツリーが潤う庭園と一体化した、落ち着いたラウンジ空間をデザインです。
潤い豊かな迎賓の意匠が、お客さまを優雅に迎え、住まう方々を深いやすらぎへと誘います。

ロケーション

サンウッド代官山猿楽町から徒歩1分(約120m)の、DAIKANYAMA T-SITEには、カフェやコンビニエンスストアがあり、スーパーマーケットのピーコックストア代官山(徒歩5分・約330m)も身近にあります。
また、商業施設だけではなく、西郷山公園(徒歩6分・約430m)や菅刈公園(徒歩8分・約630m)などのグリーンゾーンにも近く、暮らしやすいロケーションです。

アクセス

徒歩6分の「代官山」駅に加えて、「恵比寿」駅、「中目黒」駅へ徒歩12分、「渋谷」駅へ徒歩13分の立地。
さらに少し足を伸ばせば、原宿や表参道、青山、六本木も身近に使うことができ、ビジネスシーンはもちろん、オフタイムも充実する高度なアクセス環境です。
都心の最先端スポットを自在に使いこなす日常という魅力がここにはあります。

《 サンウッド代官山猿楽町 》 物件概要

所在地 東京都渋谷区猿楽町14番25号
交通 東急東横線「代官山」駅 徒歩6分
JR山手線「恵比寿」駅 徒歩10分
間取り 2LDK~3LDK 専有面積 57.60m²~113.44m²
階数 地上4階建 築年月 2015年1月
建築構造 鉄筋コンクリート造 総戸数 23戸
敷地面積 1054.88m² 土地権利 所有権
管理会社 三菱地所コミュニティ株式会社 施工会社 株式会社安藤·間 首都圏建築第一支店
事業主 サンウッド

※本ページに掲載の情報は、分譲当時の情報を記載しておりますので、現状とは異なる場合があります。
※マンション竣工時の写真・建物CGを掲載している場合がありますので、現状とは異なる場合があります。

地図

※表示される地図情報は、実際とは異なる場合があります。

現在売り出し中のお部屋

申し訳ございません。
現在取り扱っている中古マンションの物件はございません。
このマンションをお探しの方  新しいお部屋の情報をお知らせします サンウッドのマンションを売りたい方 オーナー様無料査定はこちら
TOP