REDEVELOPMENT再開発

耳を澄ませば、未来の鼓動が聴こえる。

港区内で続々と進む再開発計画。その中心に邸宅を構えるという価値。港区内で続々と進む再開発計画。その中心に邸宅を構えるという価値。
2000年代に六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、赤坂サカスが誕生し、華々しい進化を遂げた六本木・赤坂界隈。そして現在では、神宮外苑地区のスタジアム建設や、虎ノ門・麻布台地区の再開発が進み、港区内の地図は大きく変貌しようとしています。「サンウッド青山」が誕生するのは、地図を一目すれば分かるように、こうした開発計画の中心ともいうべき場所。神宮外苑の新しく生まれ変わる風景を間近に眺め、虎ノ門や六本木エリアに誕生する高層ビルや商業施設を自由に使いこなす。国内海外からの脚光を浴び、これからの期待値がますます高まる生活舞台となります。2000年代に六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、赤坂サカスが誕生し、華々しい進化を遂げた六本木・赤坂界隈。そして現在では、神宮外苑地区のスタジアム建設や、虎ノ門・麻布台地区の再開発が進み、港区内の地図は大きく変貌しようとしています。「サンウッド青山」が誕生するのは、地図を一目すれば分かるように、こうした開発計画の中心ともいうべき場所。神宮外苑の新しく生まれ変わる風景を間近に眺め、虎ノ門や六本木エリアに誕生する高層ビルや商業施設を自由に使いこなす。国内海外からの脚光を浴び、これからの期待値がますます高まる生活舞台となります。
  • 六本木ヒルズ(約1,620m・徒歩21分)
  • 東京ミッドタウン(約910m・徒歩12分)
周辺地図

華やかな都市の風景だけではない、未来も、利便も、静穏も手に入れる。

青山通りの街並み(約1,950m・徒歩25分

「青山一丁目」駅徒歩3分。青山通りから一歩奥に入った静寂の一画。「青山一丁目」駅徒歩3分。青山通りから一歩奥に入った静寂の一画。
渋谷から、表参道、青山、赤坂、そして皇居へ。華やかなブティック、外苑の緑の杜、官公庁街を結ぶ都心のメインストリートが青山通りです。現在、この「青山通り周辺地区」では、2020年に向け、新たに建設されるメインスタジアムとその周辺の計画的なまちづくりを誘導するため、港区が策定した「青山通り周辺地区まちづくりガイドライン」に基づき環境整備が進められています。「サンウッド青山」が誕生するのも、この新しく整備される青山通りから一歩奥に入った、静かで穏やかなロケーション。「青山一丁目」駅から、徒歩3分、そして美しく進化する街並み。ここはまさに、駅にも、未来にも近い、プレミアムなポジションです。渋谷から、表参道、青山、赤坂、そして皇居へ。華やかなブティック、外苑の緑の杜、官公庁街を結ぶ都心のメインストリートが青山通りです。現在、この「青山通り周辺地区」では、2020年に向け、新たに建設されるメインスタジアムとその周辺の計画的なまちづくりを誘導するため、港区が策定した「青山通り周辺地区まちづくりガイドライン」に基づき環境整備が進められています。「サンウッド青山」が誕生するのも、この新しく整備される青山通りから一歩奥に入った、静かで穏やかなロケーション。「青山一丁目」駅から、徒歩3分、そして美しく進化する街並み。ここはまさに、駅にも、未来にも近い、プレミアムなポジションです。
青山通り沿道の将来イメージ青山通り周辺地区まちづくりガイドラインより(平成27年10月港区発行)

※掲載の航空写真は平成28年3月に撮影したものにCG加工を施したもので、実際とは多少異なる場合があります。※表示の徒歩分数は1分=80mで計算した概算であり、端数は切り上げています。